包茎の悩みや手術までお近くのクリニックで相談をしましょう

SUB CONTENT

レビトラの副作用

医薬品

強い効果と速効性を持ち合わせるレビトラの副作用

レビトラは、ED治療薬の中で最も効果が強く、速効性が認められています。同じ速効性の効能を持つバイアグラと比較しレビトラはバイアグラに比べて食事の影響を受けにくいことです。食事の影響を受けるバイアグラの欠点を解消するために、食事の影響を受けにくいEDの治療薬としてレビトラは開発されました。強い効果を持ち速効性がありながら、レビトラ以外のED治療薬に比べては弱いながらも、副作用が現れます。どういった症状が現れるのか、不安に感じる方も多くいると思うので、副作用の症状について解説します。

レビトラの副作用と併用を禁止されている薬

レビトラの服用時の副作用として、頭痛やほてり、めまいや動機、加えてまぶしく感じたり目がかすむといった症状を感じることがあります。レビトラに限らず、これらの症状は他のED治療薬の服用時にも見られます。ED治療薬を服用の際は、血管の拡張作用によって、上記のように頭痛やほてりなどが感じられます。これらの副作用が感じられるときは、薬が効き始めている兆候であり、一時的なものですので、まず心配はありません。どうしても頭痛が酷く現れる場合は、頭痛薬で対処できるので、レビトラを処方してもらったクリニックに相談し頭痛薬を処方して貰いましょう。またレビトラは、連続使用やほかの血管拡張作用のあるお薬との併用は厳禁です。併用禁忌薬に指定されるニトログリセリンとの併用は絶対に避けて下さい。心臓病の薬に用いられるニトログリセリンは、レビトラと同じく血管を拡張する作用を持ち、併用すると血管が拡張され過ぎて血圧が著しく低下する恐れがあります。よって、レビトラにはニトログリセリンを含め、併用禁忌薬がいくつかあるので、副作用が現れて別の薬で対処する時も、必ず医師の指導に従って副作用を抑えるようにして下さい。